お使いのブラウザはJavaScriptに対応していません。 セタパレス歌壇(朝日歌壇入選歌) ◇北海道犬博物館◇




banner-blog

Welcome to the Hokkaido-Inu Museum





セタパレス歌壇
朝日歌壇  入選歌
1989年5月28日(平成元年)
亡き母の詠む防空壕のこのわたし
近藤 芳美  選 昭和天皇の立場知りません
  (高崎市) 高田 一弘
1989年9月3日(平成元年)
日本海かき分けるたびに罪浮かぶ
島田 修二  選 日の丸いらん君が代いらん
  (高崎市) 高田 一弘
1990年1月21日(平成2年)
微電流左右大脳全関知
島田 修二  選 興味全方位成績中庸
  (高崎市) 高田 一弘

日本の教育課題 第1巻 「日の丸」「君が代」と学校 日本海かき分けるたびに罪浮かぶ
[資料Ⅳー8]  「朝日歌壇」より 日の丸いらん君が代いらん
佐藤秀夫 編(東京法令出版) (高崎市) 高田 一弘
1995年3月28日(平成7年) 初版1刷  

作者は、船乗りか。日本の朝鮮植民地化への罪の意識が「日本海」(韓国・朝鮮では「東海」)を進むたびに自覚される。船乗りにとって「日の丸いらん」はとくに重い意味をもつのではないか。選者(島田修二)は「「日本海」を痛みの象徴としてとらえ直した作」と評している。

Contents